閑話休題☆編みぐるみの名前『シャーロット』の由来について

クロッシェ

完成したくまの編みぐるみ
名前は『シャーロット』にしようと思います。
60アップで撮ってみる

イギリスの王位継承者のお名前を拝しているのですが
『シャーロット』って
以前縫った『カール大帝』(←手縫いのくまの愛称)と
同じ系統の名前なんです。

フランク王国の国王カール大帝は、
ドイツ語ではカール・デア・グローセと呼ばれますが
フランス語だとシャルルマーニュと呼ばれます。
スペルは”Charlemagne”です。

イギリスではこれを英語読みするか、英訳するかします。
英訳すると、チャールズ・ザ・グレイトと言われます。

スペルは”Charles the Great”
ね。
シャーロット王女のおじい様、チャールズ皇太子のお名前と同じでしょ。

62こっちも見る?

ヨーロッパに昔からある名前を今の王室の方々は
使われているんだなぁって思います。

私的には『シャーロット姫』と聞くと
イギリスの詩人、テニスンの作品の中に出てくる
キャメロット城のランスロット卿にひかれてしまう
シャーロット姫を思い出してしまいますが^^;

うちの小さなシャーロットちゃんです。
63並んでたたせてみた

お兄ちゃんと妹みたいw

↓へぇ。面白いねって思ったら、ポチっとしてね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ
関連記事
Posted byクロッシェ

Comments 0

There are no comments yet.